• Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

©2019 by Water Design. Proudly created with Wix.com

Image by Ivan Timov

泡とテクノロジーで

​世界を変える

日本の技術を世界へ。

 

TM

Meet UFB DUEL

世界初!

​配管に設置が可能!

ウルトラファインバブル​生成ノズル

特許番号: 6182715号 【登録日: 平成29年8月4日】

水道機器認証書番号: W077-11004-237

​飲用適水テスト合格

 
 
 

これまでの導入数

5,000件以上

​工場

病院

温泉

美容院

住宅

農業

漁業

食品加工

トイレ

プール

”今回の実験で、Waterdesign製ウルトラファインバブルシステムは、水素浴槽水製造に十分有効な機能を発揮する結果が得られた”

大河内 名誉教授

第64回日本透析医学会学術集会にて発表

様々な最新設備を入れてる中で、お客様満足度アンケートで一番多かった回答は

”お風呂がよかった。水が柔らかかった”

某ホテル

導入事例・推奨コメント

 

期待される効果

Image by Curology

高洗浄効果

ウルトラファインバブルの気泡が消滅しその場所に放出されるエネルギーが

付着物質のはくりに効果を発揮する

気体溶解・注入

ウルトラファインバブルは極めて小さな泡で、水中に約1年ほど停滞することができる。その為、気泡の中に水素、炭酸など他の気体(ガス)を溶かし込み、水を別の特性を持った液体に変えることができる。

保湿効果・成長促進

ウルトラファインバブルは、皮膚や髪の毛に浸透しやすく、保湿効果がある。植物では成長促進効果が報告されている。

他社との違い

世界初!配管に設置が可能

ウルトラファインバブル生成機器としては世界で初めて、水道管機器認証を取得。飲用適水テストにも合格したことから特許取得まで至った。下記3項目が特許が取れた要因である。

ほとんど水圧・水量が落ちない

水圧や水量の減少を最小限とする特許技術を取得。使用後も水圧、水量が弱くなったと感じる事なく使用可能。

​ウルトラファインバブルの生成法

UFB DUELの特許取得理由の一つでもある泡の生成法は外気を使わず水の中に存在する酸素を使用する。その為、外気(空気)に含まれる菌が混入する心配はない。その結果、水道機器認証と飲用適水に合格している。

誇れる日本ブランド

ウルトラファインバブルとは日本において研究開発が率先的に行われてきた技術であるが、国際的な定義や認知が未だ多くはない。弊社はこの日本初の技術を一つでも多くの産業に応用し、より良い環境と未来をつくる。​​

 
Microscope

UFBってなに?

ウルトラファインバブルとはどんな技術か

Ultra Fine Bubble(ウルトラファインバブル)とは1000分の1ナノミクロンサイズの極めて小さい気泡です。
※ウイルスよりも小さい。顕微鏡で見ることは不可能

​環境、農業、食品、水産業、洗浄、産業、美容、医療など、
様々な分野においての応用が期待・実用化がされてる、日本初の革新的技術です。

 

 創業者の想い 

未来のためにより良いものを残したい。その思いからこの製品を作りました。

​環境破壊・水質汚染が年々深刻になっている現代…このままでは残される次の世代の未来が心配です。人間が作り上げた世界の中に生まれた問題は思っている以上に深刻なものです。

​その改善の一歩として少しでも力になれればと思っております。

芝塚 全功

 

​チーム

芝塚 全功

President

三菱レイヨン株式会社入社、三菱レイヨンエンジニアリング株式会社に移籍。

同社取締役の後、三菱レイヨン・クリンスイ株式会社代表取締役。退職後ウォーターデザイン社設立。

柏 宝山

COO

中国と日本で育ち、日本の大学に在籍しながら北京師範大学に編入。在学中に起業。後に会社を売却。現在は各会社へ投資家として活動をし、ウォーターデザイン社に従事。

藤田 和志

COO

高校卒業後、単独で中国に渡り大学在学中にEC事業を起業。 その後不動産事業、ホテル宿泊システムを構築。 中国から帰国後、日本法人設立。代表を兼任する。

現在、EC事業、ロジステック会社の経営並びにウォーターデザイン社に従事。

伊藤 夏美

CMO

台湾と日本というグローバルな環境で育ち、アメリカ・ペンシルバニア州にて学位を取得。新卒でITベンチャーに勤め、海外事業部にて英語圏の市場を主に担当。その後、外資MA企業にヘッドハントされマーケティングマネージャーとして入社。現在、ウォーターデザイン社のPR・海外担当として参加。

 

お問い合わせ

 
 

会社概要